機器を更に便利に使う驚きの方法とは

不可能な場合は

さく井工事について

さく井工事とは、建設用語のことで、さく井工事用の機械をつかって、さく孔や井戸を掘ることをさします。 さく井工事を行うには、建設業許可制度にある、さく井工事は誰でも出来るわけではなく、さく井技能士という国家資格を持った人でないとできません。さく井技能士の仕事内容は、井戸や温泉、天然ガスや石油といった、地中を掘ることです。 かなり専門性が高く、また難易度の高い資格であるため、この資格を持っていると工事関係の転職に強いということが魅力のひとつです。温泉や地下水などの地下資源の豊富な日本において、そのような資格を持っている人の価値が下がることはあまりありません。もし資格を取得したい場合には、市販の参考書や問題集は売っておりませんので、全国で定期的に開かれている講習会で購入することをオススメします。

さく井工事を依頼する際の注意点

さく井工事とは、ボーリング機械を用いて土中を掘る作業であり、目的としては井戸の改修工事や温泉開発のための試掘作業、地盤の強度調査など、様々な用途で実施する工事となっています。 さく井工事を依頼する場合に注意しておきたい点としては、土中の中から埋蔵文化財や戦時中に処理されなかった不発弾などの予測できない地中障害が発生した際には、目的を達成するためのスケジュールに大きく影響しますので、それらの対策や事業計画に余裕を持った工程を計画しておかなくてはなりません。 もしも埋蔵文化財などがあると発覚した場合に、それを無視して工事を続けてしまうと、さく井工事を請け負った会社だけでなく発注者としても責任を問われる事態になりますので、要注意です。また、埋蔵文化財があると想定されている場所でさく井工事を実施する場合は、事前に行政へ届け出することが必要です。